矯正治療例

党員での矯正治療実績から、その改善度合いを確認頂けます

  • ※症例はすべて本医院の患者様になります
  • 上顎前突(出っ歯)

    上顎前突の治療前と治療後の様子
    悩み事:
    XXXが出来ない状態
    通院頻度:
    XXX程度
    治療期間:
    XXヶ月

    医師による治療批評

    一般的に「出っ歯」と呼ばれている状態です。「前歯のみが前に出ている」という歯が原因の場合と、「上顎が下顎よりも前に出ている」という顎の骨が原因の場合があります。歯の裏側に取り付ける矯正装置(リンガルシステム・舌側矯正)による、目立ちにくい治療が可能です。

  • 下顎前突、受け口(下あごが上あごより前に出ている)

    下顎前突、受け口の治療前と治療後の様子
    悩み事:
    XXXが出来ない状態
    通院頻度:
    XXX程度
    治療期間:
    XXヶ月

    医師による治療批評

    下顎が上顎よりも前に出ている状態です。噛み癖・歯の位置や傾き・顎骨の位置や大きさなどが原因で、矯正装置を用いて上下の歯並びのバランスを調整することで治療します。お子様に下顎前突が見られる場合、早期に治療を開始することで、より効果的に治療をすることが可能です。

  • 乱杭歯、叢生(歯並びが不規則で、歯が重なっている)

    乱杭歯、叢生の治療前と治療後の様子
    悩み事:
    XXXが出来ない状態
    通院頻度:
    XXX程度
    治療期間:
    XXヶ月

    医師による治療批評

    歯並びが不規則に乱れている状態です。例えるなら、4人がけの椅子に6人が座っているような状態で、それぞれの歯が磨きにくいため虫歯のリスクも高くなります。軽度の場合インビザライン(マウスピース)のみでの治療できる場合もございます。重度の場合は抜歯することもありますが、最新のCT装置による3Dのレントゲン画像をもとに、痛みや無駄のない最適な治療方法をご提案します。

  • 開口矯正(口が閉じない状態の矯正)

    開口矯正の治療前と治療後の様子
    悩み事:
    XXXが出来ない状態
    通院頻度:
    XXX程度
    治療期間:
    XXヶ月

    医師による治療批評

    開口とは、奥歯で噛んでも前歯では噛んでおらず、上手くが噛めない、口が閉じにくい状態のことです。
    バランス良く左右の歯と使うことと、他の人よりの丁寧に歯磨きをすることが歯を守るためには重要です。
    適切な処置をご提案いたしますので、ご相談くださいませ。

  • 成人矯正(大人になってからの矯正治療)

    成人矯正の治療前と治療後の様子
    悩み事:
    XXXが出来ない状態
    通院頻度:
    XXX程度
    治療期間:
    XXヶ月

    医師による治療批評

    成人矯正と子供の矯正との大きな違いは、一般生活と切り離せないという点です。
    働いている方も多いと思いますが、ライフスタイルに合わせた歯列矯正の方法を選択することが成人矯正の大きな特徴になります。
    当院では、患者様のお悩みに合わせた形で最善の治療方法を提案させていただいております。
    また、この患者様は50代半ばの方になります。条件が整えば50代の方でも治療可能ですので、お気軽にご相談ください。